【ドリンクメイト620】シリーズの違いを比較すると、なぜコレ一択になるのか?620が選ばれる理由とは【買ってよかった炭酸水メーカー】

タイトルでほぼネタバレしておるんですが、私jadeが実際に買ってよかった炭酸水メーカーをご紹介します!

 

それがコチラ!

 

ドリンクメイトシリーズ620

 


炭酸水メーカー、ドリンクメイトの種類は数あれど、私がオススメするのはコレ一択でございます。

シリーズでそれぞれ機能に違いがありますので、そちらもサラッと確認しておきましょう。

 

ドリンクメイトシリーズの違いは大まかに3つ

同じ「ドリンクメイト」でも、発売時期や価格帯によって違いがあります。

 

特に大きく違うのは、下記3点です。

1、ガスシリンダー容量の違い
2、炭酸濃度調節ダイヤルの有無
3、水以外に炭酸注入できるか否か

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1ガスシリンダー容量の違い

ドリンクメイトシリーズでは、炭酸を注入する為のガスシリンダー容量が、「60L」と「142L」の2種類あります。

 

2炭酸濃度調節ダイヤルの有無

炭酸濃度を調節する方法については、「ボタンを押している間、炭酸を注入し続けるタイプ」と、「ダイヤルで4段階の強さから選択し、ワンプッシュで決まった濃度の炭酸を注入するタイプ」の2種類があります。

 

3水以外に炭酸注入できるか否か

「水以外のジュースにも炭酸を注入できるタイプ」と、「水のみに炭酸注入できるタイプ」の2種類があります。

 

全部のいいとこ取りが「620」!!

なぜ私がこれ一択だと言うのか。

それは「ドリンクメイトシリーズ620スターターセット」が、いいとこ取りの最強だからです!

型番で言うとDRM1010とDRM1011の2つありますが、これはどちらでもいいです。黒か白かの色の違いだけなので。

 

620のどこがいいとこ取りなのかを具体的に言うと、以下3点!

1、ガスシリンダーは「60L」と「142L」の両方使える

2、4段階の炭酸濃度調節ダイヤル付き

3、水以外のジュース、お酒にも炭酸注入可能

 

どうでしょう、この充実っぷり。

そしてスターターセットのお値段もマグナムグランドシリーズより安い

(マグナムグランドシリーズは、620シリーズの1世代前の商品。)

なぜ620スターターセットは、マグナムグランドより安いのか

なぜ最も高機能なのにグランドより安いかというと、セットに付属しているガスシリンダーの容量が違うから、というカラクリなんです。

 

マグナムグランドは142Lの大容量ガスシリンダーのみに対応なので、セット内容ももちろん142L。

一方620は、60Lと142Lの両方に対応しており、セットになっているのは60Lの方なんです。

 

その分値段を抑える事に成功しているんですね〜。

 

とはいえ、「そんないい事ばかりじゃないんでしょ…?」と不安な方もいらっしゃるかと思います。

かく言う私も、買う前に一番引っかかったポイントがあります。おそらくココが一番デメリットになるかと思うので、その点を解決策と共に見ていきましょう!

 

最大のデメリット、ガスシリンダーの交換

炭酸注入も無限大ではないので、当然ガスが切れたら交換が必要です。

そして最も厄介なところが、ガスシリンダーの空き容器は、普通のゴミとしては捨てられないというところです!

 

ここが本当に要注意ポイントです。

では使い終わった空き容器はどうするのかというと、ドリンクメイトを購入した店舗で回収してもらう必要があります。

もしくは、メーカーに電話して回収してもらうか。

 

なんならコレが面倒だから購入を迷っているという人もいるんじゃないでしょうか?

というか私がそうでした。ワザワザ使い終わった容器を店舗に持っていくって…。しかも、わりと容器デカイんですよね。

 

では他にどんな方法があるのか?

めっちゃ便利な手段があります!

 

使用後のガスシリンダーを効率的に回収してもらう方法

もうこれっきゃないってくらい便利だと思いますし、実際私が利用している手段なんですが、それがコチラ!

 

ガスシリンダー購入と共に回収してもらう、という方法です!!

楽天に出店されているカデココさんでは、炭酸注入しきって使い終わったガスシリンダーを、次に使うガスシリンダーを買う際に、回収してもらう事が可能です。

もちろん私も使用しています。

 

おそらくAmazonで出品されているところでは、新しく予備のガスシリンダーを購入することはできても、使用後の容器を回収してくれるところはないと思います。私が見た限りでは。

 

その点カデココさんではガスシリンダーを購入して自宅に配送してもらった時に、空になったガスシリンダーを回収してくれるという神対応!

他の通販で対応しているところを見つける事ができなかったし、カデココさんの対応で充分満足しているので、今後ともお願いする予定です。

(本契約)

「水を買うのもめんどくさい」なら、浄水器を。

いつでも炭酸水を作れるなら、水も簡単に手に入れたい!

ということで、これは私jadeもやっている方法なのですが、浄水器で飲料水をゲットしましょうというお話です!

浄水器を使ってひたすら水道水を飲む人の実態がこちら【トレビーノ・BRITAこそ至高】
 

 

せっかく家で炭酸注入できるなら、水を買う手間も省きたい!ってことで、ウチでは蛇口に付ける浄水器トレビーノと、ポット型浄水器のBRITAを導入しております。

 

 

さようなら大量のペットボトル。こんにちは無尽蔵炭酸水。

炭酸水メーカーを買うまでの私は、ほぼ毎日500mlペットボトルの炭酸水を2〜3本買う生活をしておりました。

当然その分のペットボトルゴミが発生し、それらを捨てる手間との戦いもあったりして。

 

しかしそれも過去の話…!

好きな時に好きなだけ飲める環境を手に入れた私は、以前よりも炭酸水を飲む量が増えました。

日常的に炭酸水を飲む方なら、マジで買って損はないと思います。

現に私は、以前の生活が考えられないほどドリンクメイトに頼り切っております 笑。

 

炭酸水を日常的に飲む方や、ご家庭でハイボールなどのお酒を飲む方にオススメの一品でございます!