PR

【ストーリーオブトア】謎解きアクションRPGの最高峰がこちら!【THOR 精霊王紀伝】

どうもおはROWDY!!

暴れて行かなあかんな言うてますけどもー!でお馴染みの加古川育ちの音楽ユニットROWDYのボーカルyuki です!!

そして唐突にゲームの話始めますが!!(今に始まったことでは無い)

 

アクションRPGの『ゼルダの伝説』シリーズは、やりごたえ満載で絶妙な謎解き要素もあり名作中の名作ですよね!?私ゲームボーイの夢を見る島とかめっちゃやりました。そんなゼルダの伝説シリーズとしのぎを削ったアクションRPGの最高峰として名高いあのシリーズを今回は紹介しましょう!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『ストーリー オブ トア』
THOR 精霊王紀伝』

です!!

セガのメガドライブで一作目の『ストーリー オブ トア』が1994年に発売され、そして『THOR 精霊王紀伝』が1996年にセガサターンで発売されました。
発売元は『セガ』なんですが開発は『エインシャント』でして、あの有名なサウンドクリエイター『古代祐三』さんが設立された会社です!

 

『古代祐三』さんと言えば、イースとかアクトレイザーとかカルドセプトとか多数のゲーム音楽に携わっておられますが、私のイチオシは『NAMCO x CAPCOM』のオープニングテーマである『すばらしき新世界』ですね。

聴いたことのない方は是非一度聴いてみて下さい。

めっちゃ良いです。またこの作品ではガン=カタっぽい技も飛び出すので、映画『リベリオン』好きにもおすすめです!
アクション映画好きで『リベリオン』観てない方がいたら人生
8割損してるので是非観てくださいね。

 

そうそう今回はトアシリーズですよ!と!

私は最初のメガドライブ版からプレイしたんですが、アクションは骨太でグラフィックも綺麗。当時のスーパーファミコンとかの『ゼルダの伝説』と比較すると、等身が大きめで、その上しゃがみやジャンプとかコマンド入力で技も出せたりで多彩でダイナミックなアクションが魅力でした。

 

そしてトアシリーズを語る上で外せない1番特徴的なシステムとして、精霊召喚がありまして、Aボタンを押すとスピリットボールを発射でき、それを特定の物体に当てる事でその物体に応じた精霊が召喚できます。

 

そしてまぁ召喚できる精霊達が個性的。

水の妖精『ディト』、炎の精霊『イフリート』、影の化身『シェイド』、緑の魔獣『バウ』がおり、次作の『THOR 精霊王紀伝』では更に、金属と音の精霊『ブラス』と、風と雷の精霊『エアル』がいます。

この精霊達を使ってダンジョンの謎解きをしたりは勿論、戦闘でもガッツリとサポートしてくれるので独特かつ超大切なシステムです!!

 

セガサターン版は裏技を使うと2人プレイも出来る様になると言う!

これはもう最強の裏技でしたね!ゼルダの伝説とかこういう謎解きアクションRPGで2人用のゲームってあんまり無い(と思う)ので、その点でもかなり貴重なゲームでした。

アクションも謎解きもかなり歯応えのある感じに仕上がっているので、ゼルダの伝説とか好きな方はこちらもハマると思います!!

 

ストーリーはまぁこういうジャンルはアクションとガッツリ謎解きを楽しむもんでしょうが!!って感じだったと思います…

 

が!

 

本当にそれ以外の魅力がとても大きいので全然気にならないでしょう。…きっと。音楽ももちろん良いのでご安心くださいませ!!

ゼルダの伝説的な歯応えのあるアクションRPGをお探しの方には是非プレイしていただきたいそんなシリーズとなっております!!

 

 

今回紹介したゲームは

『ストーリー オブ トア』

THOR 精霊王紀伝』

でした!?

ではでは!!