【iPhone6s】バッテリー交換を自分でやるならコレ一択!【自己責任】

2022年現在、いまだ現役で活躍できるiPhone6s。

しかし長く使っていると、確実に不具合が出てくるのがバッテリーですよね。

せっかくコスパよく使用し続けていても、バッテリー交換が高くついてはもったいない。

 

ということで!

どうも皆様おはラウディ、ROWDY(ラウディ)のjadeです。

 

当記事では私自身もセルフで行った、iPhone6sのバッテリー交換についてお話します!

 

スポンサーリンク

バッテリーはどれを買えばいいのか

まずは当然、新品のバッテリーを用意しなくちゃいけないわけですが、Amazonなどで見てもバッテリーはたくさん売ってます。

 

中国でちょくちょく起きているのがバッテリー爆発事故。

最近はあまり聞きませんが、日本でもバッテリーから発火したりする事故もありましたよね。

100パーセント防ぐことは難しいのかもしれませんが、とはいえバッテリー爆発に見舞われるのは御免です。

なのでまともな品質の物を選ぶのが絶対条件ですね!

 

私jadeが選んだのがこちら。

 

これまで複数回スマホのバッテリー交換をセルフで行ってきた私jadeですが、こちらの商品は

・コスパが良い(安い)

・レビューがサクラではない

・説明書が丁寧

・付属品が充実している

 

なので、初めて自分でバッテリー交換を行うという方にも非常にオススメです!

 

一つ懸念点を挙げるなら、どうやら中国製っぽいというところでしょうか。

ただ、私は以前こちらのメーカーで購入したiPhone6用のバッテリーは特に問題なく使用できていたので、心配無用かと思われます。

 

もちろん今回交換したiPhone6sに関しても問題なく使用できていますので、ご安心ください!

 

バッテリー交換の際に気を付けたいこと

具体的なバッテリー交換方法については、付属説明書がめちゃくちゃ丁寧で分かりやすかったので、敢えてここでは詳しく触れません( ˇωˇ )

 

しかし!

一つ事前にお伝えしたいのが、今入っているバッテリーを外す行程についです。

 

交換作業の際、一番気をつけて欲しいのがバッテリーの両面テープを剥がす作業でして、ここをミスるとかなりめんどくさいことになります。

ミスした場合の対処法も説明書にあるので大丈夫っちゃ大丈夫なんですが、これさえミスしなければ圧倒的に早く交換が終わります。

 

なのでそれだけ覚えておいて頂ければ幸いです!

 

 

iPhone6sはいつまで使えるのか

意気揚々とバッテリー交換をしても、iOSのサポートが終了してしまってはセキュリティ面に不安が残ってしまいますよね。

 

少なくとも今のところはiOSアップデートの対象機種に入っており、2022年9月までは問題ないようです。

それ以降もサポートが続く可能性もありますので、まだまだバッテリー交換する価値はありますね!

 

 

まとめ

iPhone6sに限らず、バッテリー交換を自分で行うのは自己責任になりますので、その辺りが不安な方はやはり正規のショップや、iPhone修理業者に出すのが懸命でしょう。

 

DIYとかこういう作業が好きな方なら、楽しいのでセルフでやってみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに私jade、過去にHuawei社製スマホのバッテリー交換の際に発火しそうになってビビり散らかした過去があります(笑)

結局それでも私は自分で交換したんですが、「自分ではできない」と感じたら引き際も大事ですよ!^^;

 

jadeでした!