【ゲーム実況】息などの雑音が気になる時はポップガードで解決!

ゲーム実況などの動画撮影で、喋る声が必要ですよね。

マイク付きヘッドセットなどで録画してから見直すとよくわかるんですが、下記のような雑音が入ってしまうことがよくあります。

 

・鼻息やため息がマイクに乗ってしまう

・「はひふへほ」「ぱぴぷぺぽ」などの発音時に息がかかり、ノイズになる

 

こんな状態になってしまう場合、「ポップガード」が役に立つかもしれません。

 

 

というわけでどうも皆様おはラウディ!

ROWDYのjadeです。

実際にゲーム実況をしている私jadeが、ポップガードについて解説します!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ポップガードとは

ポップガードがあれば、空気の動き(風)によって生じる雑音を軽減できます。

ウインドスクリーンなどと言ったりもしますね。

 

ボーカリストや声優さんのレコーディング風景でよく見る、マイクの前にあるコレです。

 

 

これはもちろんオシャレでやっているわけではなく、きちんと意味があってやっているものです。(当たり前)

 

冒頭に述べたような、マイクに息がかかったときに発生する雑音を防ぐ為にあります。

 

 

他にも、飛沫を受け止めてマイクの劣化を防ぐ効果もあります。

発声時にはどうしたってマイクに飛沫がかかってしまいますからね。

 

ポップガードは絶対必要?

コスパの良い卓上マイクなどを使用している場合、もちろんポップガードはあった方がいいでしょう。

聞きやすさが段違いです。

 

ですが、そもそもマイクにポップガードが内蔵されているタイプのものもあるので、その場合はなくてもいいでしょう。

ただしマイクの劣化を防ぐ目的があるなら、やはりポップガードがあると安心です。

 

ヘッドセットはやめた方が良い?

ヘッドセットを使用している場合、ポップガードを併用するのは構造上難しいでしょう。

 

ヘッドセットを使用してゲーム実況などを行う場合、マイク位置を調整し、発音を工夫するしかありません。

 

 

とはいえ、ヘッドセットのマイクにはほとんどの場合スポンジが付いていると思います。それがある程度のノイズを軽減してくれるので、音質に強いこだわりがなければ問題ないでしょう。

 

マイクの角度を調整した上で音量に気を配れば充分だと思います。

まとめ

声を録る際に卓上マイクを使用しているなら、ポップガードはあった方が良いです。

音声の品質に格段の差が出ます。

 

ヘッドセットのマイクを使用している場合、録音時に気を付ければ使用に耐えうると思います。

 

なので、品質の良い順番でいくと

 

マイク+ポップガード > ヘッドセット > マイク単体

 

ということですね。

 

今は安価なものがたくさんありますので、実際に録音してみて比較し、自分の配信スタイルにあったものを選ぶと良いでしょう!

 

 

筆者もそれぞれ試しながらやっているところで、場合によって使い分けています。

良いのがあったら教えてください(笑)

 

jadeでした!