【ラジオ】ワールドカップはやっぱアツい!そしてゾンビはやっぱりイイ!ジョナサン・レヴィン監督推しの回。

第21回放送分です(2014年6月放送分)。

芸風を変えてきた(?)二人。4年に一回のビッグイベント、サッカーワールドカップのお話からスタートしておりますよ!

スポーツ話関連ということでWBCからの野球の話題へ。そして野球といえば関西人なので、阪神タイガースのお話が盛り上がっちゃいます\(^o^)/

スポンサーリンク

映画紹介のコーナー

ウォーム・ボディーズ

ジョナサン・レヴィン監督、ニコラス・ホルト主演。

ゾンビ作品大好き、いやゾンビそのものが大好きyukiが自身をもってオススメする、恋愛・ゾンビ・コメディ映画です!ゾンビ男が人間の女性に恋をする、新感覚ゾンビ体験間違いなし。

ゾンビ好きはもちろん、イケメン好きもラブロマンス好きも、皆さん楽しめる映画でございます。

50/50 フィフティ・フィフティ

同じくジョナサン・レヴィン監督。ジョゼフ・ゴードン=レヴィット主演。

あらすじはこんな感じです。

酒もタバコもやらない陽気な青年アダム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は27歳でガンを患い、5年の生存率は50パーセントと宣告される。職場の同僚や恋人、家族が病気を気遣い神経質になっていく中、悪友カイル(セス・ローゲン)だけはいつも通りに接してくれていた。何とかガンを笑い飛ばそうとするアダムだったが、刻々と悪化していく病状に動揺を隠せなくなってしまう。

で、ラジオ中、しきりに「チャーミング」と言っている女優さんはアナ・ケンドリックさんという方です。

音源