PR

【セロトニン復活】精神的ストレス解消法はこれ1つで十分!【バナナ食って整腸剤飲んでぬいぐるみ抱いて寝ろ!】

 

・眠れない
・ストレスがヤバい
・不安感がキツい
・そんなこんなで胃が痛い
・でも病院に行く暇もない

 

……なんてこと、ありますよね。

あんまりひどいならもちろんすぐに病院に行った方がいいんですが、「なんかそれほどでもないんだけど、しんどい」みたいな事もあります。

この記事ではそんな方に向けて、すぐに取り組めるたったひとつのシンプルな方法を紹介します!

 

ごちゃごちゃいろんな情報を集める前に、まずはこれ一つで充分。

もう結論から言っちゃいます。

バナナを食べ、整腸剤を飲み、ぬいぐるみを抱いて寝る!

 

非常に高評価の多いこちらの書籍に、その答えがありました。


ネタバレとかじゃなく、もう表紙に書いてます(笑)

本の中で詳しくその理由や根拠を説明してくれていて、しっかりと納得させてくれる感じですね。

 

ですが手っ取り早く結論を言えば「バナナを食べ、整腸剤を飲み、ぬいぐるみを抱いて寝ろ!」という事になります。

 

「いや、それだけ言われても納得できんわ」という方の為に、重要な点を具体的に、そして簡単に説明していきましょう。

※しっかり知識を入れたい方は本をお読みください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストレス解消法なんて調べるな!

ストレス解消法なんて千差万別。
しかも人によって合う合わないがあり、あなたにとって効果があるかはわかりません。

ではどうすればいいのか。

本の著者は、ホルモンに焦点を当てています。

人によって効果が変わるストレス解消法ではなく、万人に共通するホルモンにアプローチする。

 

確かに、この方法なら上手くいきそうな気がしてきますね。

 

ストレスを減らすには、腸とホルモンに気を配る

ストレスホルモンは大切

「ストレスホルモン」と聞くと、「とにかくダメなもの、失くすべきもの」というイメージですよね。

しかしストレスホルモン自体は、太古の昔から備わる危険に対処する為の味方と呼ぶべきもの。

慢性的にストレスホルモンが分泌されている事が問題なのであって、短期的にはストレスに対処する為に必要なものなのです。

 

大切なのはストレスホルモンをやっつける事ではなく、ホルモンバランスを整えること。

 

そこで必要になるのが、ご存知幸せホルモンです!

 

幸せホルモンの種類

・セロトニン
精神の安定に関わる、平常心を保つための神経伝達物質。
不足すると感情のコントロールが難しくなる。

・オキシトシン
愛情ホルモンとも呼ばれる、人間をリラックス状態に導くホルモン。
慢性的なストレスに対してはストレスを薄めるように働き、ストレスがなくなると幸福感が出てくるようになる。

 

腸内環境を整える

腸内環境を整え、幸せホルモンの分泌を促し、ストレスを軽減していく
というステップを踏むのがベスト。

ということで、まず腸内環境を整える為にやる事が「バナナを食べる」「整腸剤を飲む」というわけです。

細かく言えば色々ありますが、バナナの栄養素と整腸剤の効果が相まって、腸内環境の改善が促進されます。

 

バナナなんてたいていのスーパーで手に入りますから、簡単に始められますね。

 

問題は先ほどから言っている、整腸剤。

どこのどんな整腸剤を飲めばいいのか?

しかしご安心ください。
なんとこの本では、具体的な商品まで指定してくれています。

それは「ビオスリーHi錠」です!


効果効能は公式さんがしっかり説明してくれているので、気になる方は読んでみてください。

 

ここまでの流れをまとめるとこうなります。

 

整腸剤を飲むことで腸内に善玉菌を送り込み

善玉菌のエサとなるバナナを食べる事で腸内細菌のバランスを善玉菌優位に保ち

セロトニン生成のベースを整える。

 

セロトニンの80%は腸で生成されます。
そしてセロトニンが分泌されていなければ、付け焼き刃のストレス対策では効果が期待できません。

 

正しい手順で実践することでしっかりと幸せホルモンを分泌し、ストレス社会に立ち向かう土台を作りましょう。

 

ぬいぐるみを抱いて幸せホルモンドバドバ!

皆さんお待ちかね、仕上げがぬいぐるみです!

ちなみに本の中では色々な代替案もありますので、他の方法も知りたい方は是非とも本を読んでみてください。

 

人間の五感の内の1つ、触覚。
触覚によってオキシトシンを分泌して安心感を得る、最も手っ取り早い方法が「ぬいぐるみを抱く」という行為なわけですね。

 

人との触れ合い、スキンシップによって分泌される愛情ホルモンことオキシトシン。
それを人の代わりにぬいぐるみを抱く事よって分泌しちゃおうぜ、というお話です。

 

そしてぬいぐるみはでっかいものがベター

コストコにでっかいぬいぐるみが安く売ってますが、アレはでか過ぎるかもしれません(笑)

 

ぬいぐるみが恥ずかしかったり、何かしら不都合がある場合は、抱き枕でも良いとの事。(最初から言え)

さぁ、これで準備ができましたね!
あとは実践あるのみです!!

 

 

 

まとめ

ざっくりまとめます。

 

「眠れない」「ストレスがキツい」「不安感が強い」「胃が痛い」などの症状に悩む人は、

まずバナナを食べ、整腸剤を飲み、ぬいぐるみを抱いて寝る!

 

これだけですね。

 

そうすればホルモンバランスが整い、ストレスに対処する土壌がととのいます。

 

スーパーでバナナを買う。

整腸剤は「ビオスリーHi錠」。

そしてぬいぐるみを抱いて寝る。


ぬいぐるみに抵抗があるなら抱き枕でもOK!


とってもシンプルな方法です。

「もっと根拠を知りたい!」「他の方法も知りたい!」という方は、参考書籍の方も読んでみてください。

理解が深まって、より実践したくなること間違いなし!


日常的に襲ってくるストレスに対抗するには、
やっぱり簡単で継続できるやり方じゃないといけません。

その点、これなら続けやすいと思いますので是非やってみて下さい!

 

jadeでした!