【トゥモロー・ウォー】Amazonオリジナルで観れるハイクオリティ映画!【ネタバレほぼなし】

どうも皆様おはラウディ!ROWDYのjadeです。

 

映画を家で観る勢には良い時代になりましたね。

 

最新映画がAmazon prime特典だけで観れるということで、話題のSF作品がこちら!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トゥモロー・ウォー


これね、なんの前情報もなしに観てもいいと思います。私はそうでした。

あ、でもキャストはチェックしてたので、J・K・シモンズさんが出演してらっしゃるということでテンション爆上がりではございましたね!

 

 

とにかく、基本的なあらすじとかテーマとか、世界観とか何も知らずに観てみたんですがかなりハラハラさせられました。

 

その場合に覚悟する点としては、若干長いってことくらいですかね(笑)

上映時間は138分です!

 

 

とはいえ、設定とか前提とか、作品として最低限肌に合うか合わないかのジャッジも事前に必要な方もいらっしゃるでしょうから、ここからは簡単にあらすじをご紹介します。

 

 

あらすじ

謎の冒頭シーンを経て、舞台は現代。(数十分後に謎は明かされます)

 

主人公一家がテレビでサッカーのワールドカップの試合を観ていると、めちゃくちゃ良いシーンで突如会場が光に包まれてしまいます。

 

その光の中から多数の人間が現れ、彼らは言いました。

「我々は未来から来た。」と。

 

未来人が言うには、「未来の地球はホワイトスパイクというエイリアンに侵略され、人類は絶滅の危機に瀕している」との事。

 

更に未来人は言います。

「未来を救うため、現代人が未来へと飛び、我々と一緒に戦って欲しい」と。

 

従軍経験もある主人公、またの名を娘溺愛おじさんはなんやかんやで未来での戦いに身を投じる…、というお話です。

 

感想

ということでお分かりの通り、ゴリゴリのSF映画です。

更にエイリアンとのバリバリ戦闘シーンもありますので、そういうのが好きな方にはもってこいの作品であります!

 

良くも悪くも王道展開ではあるのですが、それ故に安定感のあるエンタメ性は担保されていると言っていいでしょう!

普通にオモロイです!

 

未来の問題を解決する為に過去へ行き、原因を取り除く的なストーリーはよくあると思いますが、現代の人間を未来に連れて行って戦わせるって意外と珍しいパターンだなと感じました。

 

 

そして劇中、なかなか姿を見せてくれないエイリアン=ホワイトスパイク。

まぁ未来に行ったら速攻エンカウントするんですけどね(笑)

そこも結構恐怖を煽られるポイントです。

 

 

テーマは家族愛!

主人公は仲良し家族で娘を溺愛していると思ったら、父親とは超絶仲悪いというところがニクイ。その後の関係性の魅せ方も良い感じでした。

 

 

「娘の為なら世界を救ってやる」というスタンスにシビレましたね!

 

 

 

このクオリティで、追加料金なしのAmazonプライム特典だけで観れるってのは素晴らしいですね。

普通に映画館で観るより圧倒的に安いのはもちろん、他の作品もいっぱい観れちゃうわけですし。破格です!

 

おヒゲでマッチョなJ・K・シモンズを見るだけでも価値がありますよ!

 

jadeでした!

 

作品情報

【原題】The Tomorrow War

【上映時間】138分

【公開年】2021年

【監督】クリス・マッケイ

【キャスト】クリス・プラット、イヴォンヌ・ストラホフスキー、ベティ・ギルピン、J・K・シモンズ 他